メディアやコンテンツではない場面での「ストーリー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ストーリーテリング」はライターの新しい武器になるのか?

「ストーリーテリング」をテーマに「sentence」 が主催したイベントのレポートが掲載されました。ログミーにも掲載いただけて、内容盛りだくさんでお伝えしています。

ストーリーテリング」はライターの新しい武器になるのか? 『PR Table』編集長と考える、ストーリーの伝え方

ログミーでsentenceの「ストーリーテリング」に関するイベントの模様が内容盛りだくさんで掲載されました

「ストーリーテリング」という単語は少し前から耳にする機会が増え、編集やライティングを職能とする身としては要チェックだと思い、色々と調べています。

イベントでは、プレスリリースや記事に関することを中心にお話しましたが、「ストーリー」が用いられる場面は他にも色々と。
人のスピーチテキストを作成する「スピーチライター」のような職種にとっても重要ですし、『ストーリーとしての競争戦略』や『物語戦略』などビジネスの領域でも取り上げられることがあります。

研究手法には1人の生活に焦点を当てる「ライフストーリー」と呼ばれるものもあり、カウンセリングの領域では「ナラティヴ・アプローチ」と呼ばれる手法も存在します。
「ストーリー」に焦点を当てると、スピーチやビジネス、リサーチにカウンセリングといった、メディアに関する領域以外も視野に入りやすくなる。

今後も引き続き、掘り下げていきたいテーマです。

Writter: モリジュンヤ
Published by inquire labs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加