メディアを運営する力を組織に内製化するために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

inquireではパートナーとなる企業との距離感を大切にしています。メディア運営の仕事をする際でも、できるだけパートナーのように共に行動できるようにするか、もしくは内製化のお手伝いをするように意識しています。

以前、メディアを運営することで得られる価値は様々であることについてお伝えしました。新たな知見のリサーチ、ネットワークづくり、アセットの可視化、ブランディングなど多岐に渡ります。

メディア運営によって生まれる価値を多面的に捉える

企業がオウンドメディアを持つ場合、こうしたメリットに着目しながら運営することが望ましいと考えています。メディアを運営することで価値が蓄積されていくのですから、その価値をできるだけ社内に蓄積できるように出来る限り内製化を目指すべき、というのがinquireの考えです。

inquireが運営している「sentence」では、ライティングの初心者の方々がライティングスキルを身に着けていくためのプログラム開発や環境づくりを行っています。

ライティングを学びたい人に機会と知識、つながりを提供する
sentence

私たちが企業のパートナーとして編集の内製化をお手伝いする際は、編集やメディア運営のコンサルティングを行いつつ、sentenceで培ったノウハウを活かして内製化のためのレクチャー等を実施しています。

「メディアは自分たちで運営したいけれど、知見が足りない」という方はぜひご相談いただければと思います。

Writter: モリジュンヤ
Published by inquire labs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加